iPhoneにも対応しているXEマーケット

sdfsdj70pr ネット取引が可能になったことは一般の人々にもFX取引を大いに広めましたが、高性能のスマートフォンが普及し始めたことで第二の波がやってきつつあります。パソコンと変わらない操作をスマートフォンで行えるので、これまで腰を据えて取引をする時間がなかった人のあいだでも、スマートフォンを使ったFX取引が広まっているのです。

そんな動きをいち早くとらえてXM iPhone Traderを開発し提供したのが「XEマーケット」(XM.com)です。日本で高いシェアを誇るiPhoneで動作する取引アプリで、どこでも手軽にFX取引を行えるように設計されています。よく比較されるのがアイフォレックスですが、いくらアイフォでもこのモバイル環境はまだ提供できていません。

XM iPhone Traderで使用可能な機能はデスクトップパソコンやノートパソコンで使用できる取引機能と遜色ありません。これまでのモバイル取引ツールは成行注文のみなど取引方法に制限があるものが多かったのですが、XM iPhone Traderではすべての注文に対応しています。

チャート機能も充実しており、iPhoneを使って高度な分析も可能。さらにチャート上からのワンタッチ注文にも対応済です。

その他の機能も充実しており、経済ニュースレターや分析レポートの閲覧、指標発表など経済イベントのカレンダー、メールでのアラート機能やレポート作成まで可能になっています。セキュリティも万全であり、大切な資産を守る最新の技術が導入されています。

XM iPhone Traderがここまで高機能を実現できた理由は、開発のベースがメタトレーダー4になっているからです。カスタマイズ性が高く、全世界で使われているフリーチャートツールのメタトレーダー4を利用することによって、軽くて高機能な取引アプリを開発できたのです。

XM iPhone Traderの導入も、メタトレーダー4をiPhoneに導入するという感覚が近いです。AppStoreで「Meta Trader 4」を検索し、ダウンロードします。メタトレーダー4を起動させたあと、XEマーケットのIDとパスワードでログインすれば、すべてのXEマーケットのデータがメタトレーダーに同期されます。このIDとパスはXEマーケットのデモ口座のものでも動作しますから、お試し利用をすることも可能なのです。

注意点は推奨環境がiOS4.3以降であること。とはいえ、現在多くの方が利用されているのはiPhone4以降なので、アップデートが正常に行われていれば、誰でも利用が可能でしょう。

スマートフォンでパソコンなみの取引ができるようになったことで、FXの投資人口は大きく増えつつあります。特に円安傾向が続く現在では、投資は資産を維持するための重要な手段になっています。iPhoneをお持ちであればすぐにでも取引を始めることができますから、iPhoneを使った投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


___________________________________________________________________________

おすすめ
関連ジャンル


リンクメニュー
様々な注文方法


ウェブサイトナビ
注意事項
担当者

All Rights Reserved at Brassvalve-Manufacturers.com